« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月26日 (金)

〈臼杵お屋敷〉 はじまり。



臼杵 stay            





だいぶ 朝晩涼しく過ごしやすくなってきましたね~

やっと夜中暑さで 目が覚めることもなくなりました

そんな臼杵地方です。





さて お屋敷の工事のほうですが

調査ごとの関係から始まっています。



昨日は 移築する蔵の備品の持ち出し作業をしました。

古い建具には

裏地にその当時の新聞が張られていたりしてて

非常に興味深かった。。。

Rimg2368





おっ!

ユニオンビールとか~~~ 

Rimg2373






蔵の持ち主の Y様も昔の写真に目を細めておりました

Rimg2374





これで蔵の中身が空っぽになったので

順次 解体作業に取り掛かろうと思っております




2011年8月20日 (土)

日出町へ。。。



臼杵 stay                        





今日は朝から雨。。。

でもおかげで 連日の暑さからは解放されそう 涼しいです。




屋敷の改修工事を前に 

日出町のほうで 隅櫓の保存修理工事を行っており

伝統工法の土壁の作業状況が拝見できるとの情報を頂き

私も諸先輩方と 同行させていただくことになりました

Rimg2297





日出の旧藩主は木下家。

木下延俊氏を藩祖とし、16代にわたり日出3万石を領した大名です。

江戸時代を通しての大名は全国260家ほどありますが

豊臣秀吉につながりを持つ大名家は わずか2家。

この豊後日出木下家は その数少ない2家のうちのひとつにあたります。

。。。。。と、資料を見ながら能書きをたれておく 




ここに築造されているのは

移転保存修理の目的でつくられる 隅櫓(鬼門櫓)。

外壁も伝統工法である 土壁が施工されています。

Rimg2298

Rimg2306

土の感じがいいですね~やっぱり 

Rimg2311





移転解体時には やはり腐食等による修繕箇所があったようで

各所に新材で繕った部分が見受けられました。

Rimg2301





屋根瓦も既存瓦を再利用し

これもまた旧来の 土葺工法で施工されていました。

Rimg2321

Rimg2317

なるほど 昔はこんな感じでやってたんですね~ 

いやいや 今回は見に行けて本当によかった。




本とかの写真でしか見たことなかったけど 

こうして実際に見れて、そして今度は自分自身が実際に手掛けることになるので

すごくワクワクしちゃいました。

この機会を与えてくれた皆様に感謝したいと思います。




2011年8月12日 (金)

〈臼杵お屋敷〉 はじまり。



軽井沢 stay                  





なんだかいろいろ忙しく 久しぶりの更新になってしまいました。




これから 

臼杵市の稲葉家下屋敷の改修工事を 手がけることになりました。

先週は1回目の打ち合わせを行い 色々と確認。

Rimg2154



重要文化財なので

なにかと調査したり 昔の伝統工法を採用したり 前途多難です。。。

でも こういう仕事にかかわれて すごく楽しい気持ちが勝ってますがね。

Rimg2164



これから ほぼ臼杵に滞在して がんばります




2011年8月 2日 (火)

街並み調査2。



臼杵 stay          





あつい。。。

普段 軽井沢がどれだけ涼しいか 実感しています 

臼杵 滞在中です。




こないだの日曜日は 

第三回目の街並み調査に参加してきました

日曜日 早朝からですが

参加人数も 結構増えました




この日も晴天で 朝から暑かった。

すぐに汗だくになっちゃいましたよ~

前回と同じ要領で 各所寸法とったり 写真とったり。。。

Rimg2097

Rimg2103

いつも 夜の街並みしか見てないので

こうして歩いてゆっくり見て回ると なかなか面白い。

新しい発見もありますね。




さて次回は

入り組んだ 非常に大変なエリアをまわることになります。

心してかかります。。。




« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

フォト
2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

無料ブログはココログ

こちらもどうぞ♪