« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月31日 (火)

〈臼杵お屋敷〉 木工事7。



臼杵 stay                     




今日はまた なんていいお天気なんでしょう

ぽかぽか陽気ですな。






現場作業もはかどってありがたいことです。

今日は お屋敷現場の総合打ち合わせだったのですが

晴天だったので この上ない打ち合わせ日和でした




現在は離れ座敷の 大工の造作がもっぱらメインです。

Rimg3490_2

外観もだいぶはっきりしてきて

フォルムが綺麗に見えてきました。

良い感じです。





外部・内部の腰板を張ったり、下地を作っています。

Rimg3491

離れ座敷のほうの造作工事も そろそろ終わりになりそうです。


2012年1月26日 (木)

〈臼杵お屋敷〉 木工事6。



臼杵 stay                      





寒い日が続きますね~~ 

軽井沢から戻ってきて言うのもなんですが

寒いもんは 寒い


今日は 最高気温が6℃くらいしか行かないみたいですね。。。

来週もなんか マークついてるぞ 





さて

そんな寒い中ですが

大工さん 屋根屋さんみんな頑張ってます。



蔵のほうの屋根も 無事終わりました。

Rimg3475

Rimg3474

瓦が乗ると 重厚感、風格ともにワンランクアップしますね~。

良い感じですわ~

あとは 庇をつけなきゃな。。。



大工さんは 離れ座敷のほうの造作に勤しんでおります。

Rimg3410

軒先の箕甲(みのこ)の 曲線が綺麗だ!。





内部の細かい造作部分も進んでいます。

Rimg3476

これは出窓部分。

既存の物を 出来るだけ残したいというコンセプトから

新材と古材が融合する形で造作を進めているので それなりの手間暇も費やされます。 




もうすぐ離れ座敷の造作も終わるので

蔵のほうの 造作に移行してきます



まだまだ やることいっぱい

2012年1月23日 (月)

雪。



軽井沢 stay                  





今は 軽井沢です。

こちらに戻ってくる前日に 実にどっかり雪に降られたようです 

20~30㎝は降ったようです。


私にとっては 嬉しいばかり 

大分じゃ こんな雪みれませんからね~w





そんな雪の中

設計の依頼のあった敷地を見に行ってきました

Rimg3463

Rimg3462

敷地のすぐ前には

川の流れるいいロケーションの場所です



いいなあ~ここ。

どうにかしたら 浅間山も見えそうな感じですが

大きな樹が前にあるので ちょっと難しいんだろうなあ~。

ロケーションを活かした 素敵なプランをつくろう







寒いので

薪ストーブの炎が暖かいや

Rimg3459




2012年1月14日 (土)

〈臼杵お屋敷〉 木工事5。



臼杵 stay                





最近 良いお天気が続きます。

その分 寒さは割り増しになってる気がしますがね。。。 



でも天気が良いおかげで 

蔵のほうの土壁の乾燥も促進され 良い感じになってます。

Rimg3376

乾け~ 乾け~~ 





蔵のほうは暫く放置状態ですが

その間 大工は離れ座敷のほうの工事に勤しんでおります。

Rimg3377




外部パネルも張りつけられ 現在 下屋の施工中。

Rimg3387

新材 古材混合なので 大工も手間をかけて作っていっております。。。







奥の離れ座敷は 屋根工事まで終わりました。

Rimg3354



来週あたりから 左官屋さんが来て

外壁の下地処理を進められれば。。。とおもってます。

だんだん 出来てきましたね~




2012年1月 9日 (月)

〈臼杵お屋敷〉 左官工事5。

臼杵 stay                       


今日は 成人式ですね~

新成人の方々おめでとうございます~。

祝日ですが お仕事お仕事






さて

蔵のほうですが 現在は壁土の絶賛乾燥養生中 

乾燥もだんだん進んできて ビシビシ乾燥割れが発生してきてます。

Rimg3340_2


アップでどうぞw

Rimg3339


乾燥が促進して この割れがどんどん出ないといけないんです

よ~~~~っく乾燥したところで このあと中塗りをおこないます。

だけどそれはもうちょっと先のお話。




屋根は昔の古瓦を使うので これも旧式の工法。

おおよそ平部分は施工し終わりました。

Rimg3342_5

古い瓦って 味があっていいですが

大きさ、形が不ぞろいなものも多いので

職人さんも技術が要求されます

この瓦職人さんは こういう伝統建築物ばかり手がけている人なので

その辺のすり合わせがとても上手。

あとは 棟の瓦を葺けば終わりとなります。




2012年1月 5日 (木)

2012。

臼杵 stay          


新年 明けまして おめでとうございます。

Rimg3285

めでたく ツルの飛ぶ姿発見!

東北にて





なぜ東北?

そう。。。年末 東北に旅にでてました。

どこに行ったのか。。。それは平泉 中尊寺

Rimg3260

Rimg3261

さすがに立派ですな~~。

今年はちょうど こういう伝統建築の仕事が多いので

ちょっと時間がある時に 見ときたかったので 



本堂の傍らでは もちつきやってました。

Rimg3263

じ~~っと みてたら

おじさんが ほら食べていっとくれ! っと

つきたてのでっかいおもちを 口の中に突っ込まれました

おっちゃん でっかすぎだよ おもち!!!



ありがたい おもちを頂き

金色堂も見れて(写真不可なので写真なし)

お酒も飲んで 復興支援してきました。




さて さて 今年はどんな年になるのでしょう。。。

私も今年は40代に突入します。

いろいろと やらなきゃと思ってることがあるので

少しでもかたずくといいなあ。。。そう思っております。


« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

フォト
2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー

無料ブログはココログ

こちらもどうぞ♪